美容機器を使ってもっときれいになりたい!知っておくと便利な情報を紹介

今の時代は美に特化したマシンである美容機器が、数多く開発され販売されています。
マシンを使って便利に、簡単にきれいになりたいという方向けの情報をこちらのサイトでまとめました。
製造の際に守らねばならない法規制や、ISOによる品質管理の信頼性についても掲載しています。
マシン購入や使用の前に、まずはこうした基本情報を把握しておきませんか。
知っておくとより効果を得られる製品を選ぶことが出来るようになるでしょう。

美容機器を使ってもっときれいになりたい!知っておくと便利な情報を紹介

美容機器を選ぶ際には、本体価格だけではなくランニングコストも把握するべきです。
施術に必要な化粧品や付属アイテムがあるのかなどを、美容機器メーカーや店舗スタッフさんに確認する必要があります。
保証制度もあれば便利です。
美容機器に不具合が生じたときにはどうすれば良いか、サポートが受けられるのかも把握しておくことで、安心してその美容機器を使うことが出来ます。
出来ればメーカー直売店や正規店での購入がこうしたサポートが受けられるので、便利です。

美容機器というための定義は目的が重要

使用することで人体に影響を与える機器にはいろいろありますが、そのうち使用する目的が美容に限定されるものが、美容機器になります。
医療に利用されるものは医療機器となり、法律に従って承認を取得することが必要です。
法律での医療機器の定義が、人や動物の疾病の診断、治療、予防に利用するか人体の機能に影響する機器をいうとなっています。
つまり肌あれを改善してきれいにするのであれば美容ですが、肌の傷を治して元に戻すのであれば医療機器です。
美容機器には厚生労働大臣の承認が必要とはされていませんが、自社で美容機器と判断するのではなく、その使い方や人体への影響から判断しなければいけません。
医療機器への該当性が明らかでない場合は、都道府県に相談することが重要です。
自己判断で販売すると後で行政処分の対象となったり、リコールにより大きな損害を受ける恐れがあるので注意しましょう。
まずはその範囲で使用するのかを明確にして美容に限定することが重要です。

美容機器のターゲットは女性に限られない

美容機器を使用してい層のボリュームゾーンは女性だと思ってしまいがちですが、ここ数年で男性の利用者が急増しています。
最も大きな理由がテレワークに伴うテレビ会議システムの導入で、顔のアップが映し出される機会が増えたところにあります。
肉眼であった時にはさほど気にならなかったシワやシミも、デジタルに変換された高精細な映像になることで目立つようになるばかりか、常時アップであることから余計に気になるようになります。
その様子が好感度に大きな影響を与えて、プレゼンテーションした内容の理解度や、商談の成立などに関わる可能性があることが示唆されたため、男性も美容機器を使用したスキンケアの重要性が考えられるようになりました。
綺麗な肌で映し出された顔を見て本人が満足できるのはもちろんのこと、相手からの印象も良くなり、この人の言うことを聞いてみたい、共に仕事をしてみたいという思いに作用し、ビジネスを成功に導く可能性が高まります。

美容機器と医療機器は何が違うのか

脱毛やホットマッサージなどの美容施術を受けている方は大勢いらっしゃるでしょう。
これらの処理をする機材のことを、一般的には美容機器と呼んでいます。
サロンではエステティシャンが担当をされており、特別な資格を持っていなくても取り扱うことが可能です。
ところがなかには医療機器に指定をされている美容機材もあります。
ここでは簡単に美容機器と医療機器の違いについて、簡単に解説をしていきます。
まず美容機器は先述したように、どなたでも取り扱えるものです。
昨今ではネット通販や家電量販店でも販売をされており、家庭用でご自身で使うこともできます。
しかし医療用となると、医療従事者しか操作ができません。
たとえば永久脱毛だと高性能な医療用レーザーを肌に照射して、永久的な処理を実現することが可能です。
これは医術に分類される措置となるため、医師・看護師の資格を有していないと取り扱えないわけです。
おもに美容外科・皮膚科で設置をされています。

美容機器を製造するならoemが安心

美容機器を開発して販売するためには、商品企画から設計、試作、製造、品質試験、輸送、販売…と、非常に長い行程があります。
とくに、製造・品質検査などは、工場や生産設備など専用の設備や機器が必要となるため、ゼロから準備するには莫大な資金が必要となります。
また、美容機器など人体に触れる製品の場合、開発・設計を行うにあたっての独自のノウハウが必要であったり、また機能や安全性を保証するためには開発者の技術レベルも必要です。
このように、もともとある程度自前の設備がある場合でなければ、美容機器を新たに開発するには非常に多くの設備やリソースが必要となります。
アイデアがあるのにそれだけの準備を自前で行うことが難しいという場合、他社に開発を依頼する「oem」という手段をとることがあります。
oemとはOriginal Equipment Manufacturing の略で、ある会社が販売する製品を他社が生産することを言います。
どこまで依頼することが出来るかはケースバイケースですが、商品企画から開発、生産、試験までを一手に引き受けてもらうことも可能です。
この方法であれば、製品を販売する会社は自前の生産設備を設ける必要なく製品の生産を行うことが出来るのです。

美容機器の広告で気にしなければならない規制とは

美容機器の広告で気にしなければならない規制に、医薬品とか医療機器に関わる法令があります。
これらは厳密な臨床試験を行い、国の機関の審査も受けた上で承認されるものである一方、美容機器はそうではありません。
薬とか医療機器などと間違えられそうな表現をしてはならないということになっています。
具体的には、身体の構造とか機能に影響を与えるものは認められておらず、単に体や顔を洗うとか運動をする、化粧品を使うようなことでも得られる効果のみを出すことが可能です。
例えば肌の奥深くにまで浸透して内部から改善するなどの表現は、明らかに身体の機能に影響を与えていると考えらますから不適切とされます。
そばかすとかシミを除去するということも不適当です。
もちろんどこまでが構造や機能に影響を及ぼすと考えられる表現で、どこまでなら許容範囲なのかは難しい側面もありますが、肌のハリを良くするとか、肌のキメを整えるといった程度であれば問題はありません。

美容機器の広告で使ってはいけない表現とは

美容機器の広告では使ってはいけない表現がありますので知っておく必要があります。
もちろん実際には効果がないのにさもあるかのように装うことや嘘がいけないのは言うまでもありませんが、それ以外にも注意点があり、身体の構造や機能に影響を及ぼすかのような記載も認められていません。
これらは医薬品や医療機器に関してのみ認められるものであり、美容機器では使えないのです。
別の言い方をすれば、単に洗顔をするとか化粧品を使うことの代用になるような記載であれば問題ありませんが、薬を使うとか医療機器を使って得られるような効果を列記することはできません。
例えば肌のキメを整えるとかハリを与える、肌を引き締めるといった形であれば広告で使って問題ないです。
一方で顔のシミやシワを除去するとか、肌を白くすることができる、代謝が良くなるといったようなことは身体の構造や機能に関わる表現となりますので美容機器の広告で使うことはできません。

美容機器で気にすべき人への影響とは

美容機器を開発製造する場合、それを使用する人に影響が出ることも考えなくてはなりません。
その度合いによっては訴えられたり多額の補償金を支払う羽目にもなりかねないため、設計の段階で入念に検討しておくようにしましょう。
それでは美容機器では、どのような人への影響が考えられるのでしょうか。
よくあるのが、出力が高くなりすぎたことで肌へトラブルを与えてしまうことです。
通常は設計の段階において適切な出力になるように調整されていますが、使用中に何らかの原因によってそのリミッターが外れてしまうと、使う人に被害が生じる恐れがあります。
熱や回転などが原因で、肌を傷めてしまう恐れもあります。
美容機器の中には高温を出すことで何らかの改善を目指す機能が付いているものもあり、故障した場合には熱くなりすぎて火傷になってしまうからです。
このようなトラブルについては、事前に想定しうることを検討し、対策しておくことで対処できます。
取扱説明書にもこのような危険があることを記しておくと良いでしょう。

美容機器で使う部品はアレルギーに注意

美容機器は肌に接触させてしようするものがほとんどです。
このような時に気をつけなければいけないのが、接触する部分の素材です。
人体は体内に入ると害があると警戒した場合に抗体が働いて、排除しようとします。
その働きが過剰となった状態がアレルギーであり、人それぞれ反応する素材が違います。
それでも傾向はあり、ある程度注意しなければならない素材は限定されます。
そのような材料を使わないことが重要です。
医療機器では生体適合性という考え方があり、材料がアレルギーや遺伝に悪影響を及ぼさないかを確認することが求められています。
美容機器についてもこのような考え方に倣ってアレルギーが起きにくい材料を使うことが重要です。
自社で確認することが難しい場合は、すでに流通している医療機器と同じ素材を選ぶという方法もあります。
また原材料のメーカーが示している情報でISO10993の確認ができているものであれば、生体適合性が担保されているということになります。

電気を使う美容機器は安全規格に適合

美容機器にも電気を利用するものがありますが、使用者の安全を考えると漏電や感電などのリスクをできる限り低減する必要があります。
自社で基準を定めて試験することも重要だと思いますが、一般的に認められた規格で確認することも重要です。
医療レベルの電気機器には日本産業規格T0601-1というものが存在します。
医療機器はこの安全規格への適合が必須で、人体に悪影響を及ぼさない最低レベルを満たすことが担保されます。
美容機器も人体に接触することがあるので、どうしても感電のリスクは高くなります、特に故障時には注意が必要です。
水を必要とするものは、漏電が発生しやすくなります。
この規格では絶縁の基準や耐電圧などのレベルなどが人体の影響から設定されています。
また故障状態での試験も含まれているので、どのような状態においてもリスクを低減できるようになっています。
安全な商品を提供するためにはこのような安全規格への適合性を確保した方がいいでしょう。

美容機器に関する情報サイト
美容機器を使おう!

今の時代は美に特化したマシンである美容機器が、数多く開発され販売されています。マシンを使って便利に、簡単にきれいになりたいという方向けの情報をこちらのサイトでまとめました。製造の際に守らねばならない法規制や、ISOによる品質管理の信頼性についても掲載しています。マシン購入や使用の前に、まずはこうした基本情報を把握しておきませんか。知っておくとより効果を得られる製品を選ぶことが出来るようになるでしょう。

Search